合同会社グリーンパワーうんなん
  TEL:0854-49-8755
  FAX:0854-49-8756
 
島根県雲南市加茂町南加茂1204
 〒699-1104
合同会社グリーンパワーうんなん
事務所&南加茂ストックヤード
top


【ニュース】

2018年3月4日(日)第6回バイオマス資源市(うんなん山と木の恵みのフェスタ)開催のお知らせ
 来たる3月4日(日)に恒例のバイオマス資源市を開催いたします。名称を「うんなん山と木の恵みフェスタ」としてから2回目。前回は70名ほどのご参加を頂きました。

 毎回、少しずつ内容も進化しておりますが、今回は机づくりのワークショップを行います。資材数に限りがありますので5台までとなっております。当日受付の早いもの順となります。

 詳しくは、上記リンクをご参照ください。

 今回は、薪割り台やテーブルなる年輪の詰んだ太い丸太の輪切りも低価格でお分け致します。
 皆様のご来場をお待ち申し上げております。
 


・2017年8月3日「森林バイオマス資源活用」ミニフォーラム緊急開催!
 この8月3に 信州の(株)モキ製作所の深澤氏を迎えて、 侵入竹の活用方法や幼竹をメンマに加工して活用する方法などをレクチャしてもらい、純国産メンマプロジェクトの詳細をお聞きします。
 また、防災と獣害対策を森林資源の活用を通して、如何に展開するかを皆さんで考えましょう。

 場所は雲南市三刀屋の鍋山交流センター。時間は13時半から15時半を予定して居ます。詳しくは右チラシをクリックしてPDFファイルをご覧ください。

第4回木質バイオマス資源市開催 2017年3月5日(日)10時から15時まで
特別催し物「“子供の為の木育おもちゃつくりワークショップ”、お子さんと一緒に楽しめる“年輪コースターペイント(トールペイント)ワークショップ”」ほか、薪・原木・ 製材製品・木工用素材・ 丸太などの販売・家庭用薪ボイラー/薪ストーブ/無煙炭化器/無煙焚き火コンロの展示デモ販売・チェンソー製材機展示体験、搬出用可搬型エンジンウィンチ展示販売、林内作業車展示などがあります。

「山に優しい壊れない作業路開設」勉強会:2107年2月25日8時半〜15時半頃
シリーズ1回目:次年度3〜4回の予定で作業路を作る各パートの技術を順に学びます。初回は理論と路網設計の要を学びます。(四回、都合8日の講習を持って同講習は終了しました。三刀屋の殿河内地区の山林に150mの作業路を6日で完成:作業路開設の見学会も終了しました)
自伐型林業的作業路は巾員2.3〜2.5m程度の軽トラ、2tダンプが通れる程度の細い作業道です。山の地形に沿った大雨が降っても路面を保護でき、地形を崩さない智慧が籠った開設手法をシリーズで学びます。
 今回は初回の理論と現場での踏査、路網設計の勉強会です。山主が山の事を知らずに外部委託によって丸投げすると山が壊れる道を作られてしまい、各地で伐採後の山が林道から崩れてしまう事例を多くの方が体験しています。
 先ずは我々が山の事を学び智慧深くなることが持続的な循環サイクルによって地域が維持出来る根幹ではないでしょうか。 

「災害に強い森林づくり」講演会:2017年2月18日午後 & 現地調査会:2月19日午前
近年、日本のみならず世界各地で豪雨災害により都市部が水没する事象が起きています。ひとつには気候変動により局地的に豪雨が長時間降り続くことに原因し ますが、放置林や皆伐山の在り方によっては、地域の集落のみならず下流域の市街地にも甚大な影響が及んでしまうことが起きかねません。

 この度、日本だけでなく台湾や中国、ブータン等の災害復興にも活躍する国土防災技術株式会社の田中賢治氏を講師に迎え講演絵会と現地調査会によってご指導頂ける運びとなりました。雲南市民の皆さま方の奮ってのご参加をお待ちしております。


※サイト作成中につきリンク出来ないページに付きましては今暫く御時間を頂戴致します。木質バイオマス資源市にて皆さまのお出でをお待ち申し上げております。

ニュースアーカイブへ


「雲南市における森林バイオマス事業」

雲南市には豊富な森林があります。雲南市の79%が森林です。しかし、森林資源を豊富に有してはいますが、森林の整備(間伐)は進んでおらず森林 成長量の12%しか利用されていません。

 雲南市では、これら市内の森林資源を有効活用するために、掛合町波多温泉「満壽の湯」、「三刀屋健康福祉センター」、木次町の健康温泉センター「おろち湯ったり館」 の3施設には木質チップボイラーが設備されて、熱エネルギー供給に市内の資源が使われています。

 さらには「雲南市役所の庁舎」の空調にも使われており、28年度には「雲南市市民病院」へチップボイラーが設備される予定となっています。 

【雲南市森林バイオマスエネルギー供給システム】

    

【市民の山主さんによる森林資源の供給システム推進】

  かつて「たたら製鉄」を支えた森林を使わないことは、とてももったいないことです。そして平成24年には、雲南市は「たたらの里山再生特区」に認定されま した。市民総がかりで「たたらの里山再生」に取組み、森林バイオマス事業に協力する市民の皆さんと意見交換を進め、エネルギー供給システムの改善を図って います。

  

 合同会社グリーンパワーは、林地残材の収集から、熱供給までの雲南市森林バイオマスエネルギー供給事業を一括して運営していくために、平成24年6 月15 日に設立されました。弊社は圏域の7つの企業・組合によって構成されています。
・株式会社田部・大原森林組合・飯石森林組合・株式会社中澤建設・森下建設株式会社・山陰丸和林業株式会社・株式会社エブリプラン

 弊社は雲南市の豊かな森、雲南市民と圏域に訪れる方々、そして街とをつないでいく事業を展開して参ります。

(c) Copyright グリーンパワーうんなんLLC.
2016 All rights reserved.